FC2ブログ
+++ まつろぐ +++ 松之山温泉BLOG

title2
松之山地域防災訓練!
2007年 06月 25日 (月) 10:31 | 編集
6月24日(日)マグニチュード6強。松之山地方を襲った直下型地震との想定で松之山地域防災訓練が行われました。
今回は十日町市、十日町地域消防、松之山分遣所が中心になり松之山消防団および地域住民も大勢参加しての大訓練となりました。
あっては困る大災害もいつ何時来るかわかりません。現に我々はあの中越大震災を経験したのです。備えあって憂いなしです。
その中でもわが消防団の訓練を紹介致します。
s-P1000004.jpg

「パッパ パララパッー」ご存知、ラッパ隊の合図で訓練開始 

s-P1000002.jpg

水防訓練(土のう積み)

s-P1000007.jpg

林野火災の消火訓練(重たいウォータージャケットからの放水)

s-P1000006.jpg

地元建設業社の高橋組さんも協力しての放水訓練。(生コン車の水をポンプ車に中継しての放水訓練)

s-P1000008.jpg

新潟県の防災ヘリも登場。(松之山にヘリポートは絶対必要ですね)

s-P1000011.jpg

訓練終了後、市長および消防長による服装の点検。

s-P1000009.jpg

市長の講評にて無事訓練終了。
ご参加くださった皆様大変お疲れ様でした。
スポンサーサイト



新作「Tanada Necklace」
2007年 06月 23日 (土) 23:00 | 編集
20070623224223.jpg

エルメスの新作かティファニーのティアドロップか!って間違えないですよね。
松之山温泉から車で15分ほどの棚田の畔に浮かんだ灯りのネックレスです。
20070623224242.jpg

玉木さんをはじめとする棚田フットワークの皆さんの力作です。
今日は月夜でしたので、遠くの空の雰囲気もいい感じでした。(カメラの腕が悪くてスイマセン)帰り道、水梨と光間の蛍も楽しめました。
光間は源氏も平家も両方出ておりました。手に取れるほどの数(20匹程)が飛んでいましたよ。
湯守@鄙の宿
小さな花の蜜どこへ持っていくの?
2007年 06月 23日 (土) 18:45 | 編集
P1000015.jpg

ひなの宿千歳の庭の「ウメモドキ」にミツバチがたくさん集まっています。こんな小さな花に蜜があるんでしょうか?
P1000016.jpg

湯守@鄙の宿
コシジシモツケソウ
2007年 06月 22日 (金) 18:15 | 編集
今353号線や253号線を走ると湿った崖に鮮やかなピンクの花が群生している。コシジシモツケソウである。253号線の池尻からまつだい駅の途中にはこれからが見頃で、橋の工事を見たりコシジシモツケソウを見たりして、事故を起こさないよう気をつけて欲しいものです。353号線は千枚くだりの近くがきれいである。昔の話で恐縮だが、本山久平と言う先生が昭和天皇に知人(佐藤国務大臣であり植物学者として昭和天皇と近しい)を介して松之山のコシジシモツケソウを献上されていて、今頃皇居のどこかで松之山のことを思い出しながら咲いている事だろう。花にも色々な逸話があってそれを調べるのも楽しいものですね。

kosijisimotukie-50.jpg


山の森のホテル ふくずみ
uzu美術館
2007年 06月 21日 (木) 19:44 | 編集
小さいながらも心のこもった美術館がある、飯野紀雄美術館である。おふくろ館の前にある小さな館だが、入ってビックリ、なるほどとうならせる。狭い階段にも絵画が吊るされていて、名前の由来の貝をモチーフにしたものが多い。3階がアトリエ兼画廊である。3方が明るい窓になっていて、裏山の眺めも良い。鬱蒼とした山々に囲まれたいくつかの池も風情を醸し出している。
uzu-4-50.jpg


所狭しと吊るされている絵画は身近の風景から創作まで。先生自らの説明に感動する。製作中の作品は時間をかけるうちに風景が変わってその都度手直しをする、そこにも楽しみがある。大作だけでなくお土産用の作品も楽しい。入館無料もありがたい、何度も見せて頂いて自分の感性を磨く事が出来るから。
uzu-7-50.jpg

飯野紀雄 松之山美術館HP(http://www.geocities.jp/uzu_iino/)

山の森のホテル ふくずみ

新田灯り大作戦
2007年 06月 21日 (木) 17:27 | 編集
観光協会総会でのパネルデスカッションにご参加いただいた玉木さんからご連絡をいただきました。
「今週土曜日、雨が降らなければ、畦の灯り大作戦を実施する予定です。もし、お時間がありましたら、おでかけ下さいませ。」
(少々、雨が降りそうな予報も・・・。昨年は、なぜか19時すぎからの
2時間ほど雨が上がり、それはそれはなかなかにきれいな灯りのネックレスになりました。
詳しい概要と玉木さんたちの活動の紹介はこちらから
http://www.doroyuki.info/MatsuFilesBb/
温泉組合長@ひなの宿
湯の森エリア遊歩道バージョンアップ!
2007年 06月 21日 (木) 16:56 | 編集
昨日14:00より、南魚沼振興局林業治山課の長氏と温泉組合役員メンバー、そして請負の松里建設さんで遊歩道の補修工事経過および修繕要望が現地にて行われました。一昨年の大雪の為に壊れてしまった部分も素晴らしく補修されており、また細々とした所の補修要望も聞き入れていただきました。完成まであと数週間掛かりそうですが、ますます楽しい遊歩道になります。乞うご期待!
湯本の皆さんはご存知だとは思いますが、途中に子安観音があります。
20070621162924.jpg

大きな木の根っこのウロにすっぽりと身体休ませて、子供を大事そうに抱いてオッパイをやる仕草は本当に心温まるものです。久々にじっくりと見ましたが、いいものです。まさにダイジンガー(大事なものの意)です。
20070621162912.jpg

子が親を殺したり、親が子を虐待するような殺伐とした事件ばかりですが、この場所にいるとそんな気持ちになるはずもないのに・・・
ゆったりとした気持ちが大切ですよね。
湯本の子供は7月1日(秋葉祭り)には遊歩道を歩いて登ってここを見てください。子供だけじゃないですよね大人も是非見てください。
温泉組合長@ひなの宿
大松山の環境整備
2007年 06月 20日 (水) 20:15 | 編集
大松山は昔は茅刈り場だった。茅を茅葺き屋根に利用していたので貴重な存在だった。つい最近(40年ほど前)まで高校生がアルバイトで茅刈りをしていた。ボヨ切り場もあった。ボヨはいわゆる傾斜地に生える落葉低木樹であり、庭の冬囲いや土砂の流れ止めに利用した。今日は観光地のスポットである大松山の環境整備を行った。市役所の方々と松之山温泉組合員、自然愛護会、写真同好会、野鳥愛護会の面々がなぎ払いを行った。もともと展望台的存在だったので、回りの立ち木の伐採、草刈、遊歩道の整備などである。下の画像は遊歩道整備である。今まで片斜面で歩きにくかったが今度は快適だ。手前のリンドウも愛らしい。

taisyuzan-1-25.jpg

頂上直前の階段もうまく出来た。
taisyuzan-2-50.jpg

頂上である。今までは回りが鬱蒼としていて、写真愛好会の方々には申し訳がなかったが、明日からは絶好の被写体を狙える事だろう。
バードウォッチャーの方にはこれからは良いぞう、秋のタカの渡りが楽しみだ。
taisyouzan-4-50.jpg

それにしても暑い蒸した日であったので、汗びっしょりになったが、それでじゃ一杯の声がかからないのはさすがにお役所さんであった。硬いのがとりえがお役所なら、柔らかいのがとりえの温泉組合だったらそれじゃ一杯が当たり前であったが。官民一体となっての環境整備、昔からこのようにして町の環境を保存してきた、違和感はない。

野鳥愛護会 村山健
大松山整備に行こう!
2007年 06月 19日 (火) 12:14 | 編集
大松山の整備について役場の有志の方(松之山支所でした。役場のほうが親しみがありますね~)からご連絡いただきました。

日時:6月20日(水)13:30~
場所:大松山

毎年、野鳥の会や写真愛好会の皆様が自発的に行っておりますが温泉組合でも役員中心に参加させていただきたいと思います。(すいません。私含めて数人は当日14時より南魚沼振興局の温泉街遊歩道整備の立会いが終わってから参加いたします)

ブログ閲覧の皆様もご都合がつけばいかがですか?
作業は立ち木伐採後の後片付け等の軽作業です。無理のない範囲で、ご都合がつく方は軍手をして大松山へ向かってください。
素晴らしい眺望の大松山で爽やかな汗をかきましょう。

 温泉組合 柳 
蛍情報お寄せください。
2007年 06月 09日 (土) 14:26 | 編集
前略 ほたる
今年はいつ頃からお見えになられますでしょうか?

松之山の蛍情報を教えてください。

温泉組合
普通救命講習会
2007年 06月 09日 (土) 11:07 | 編集
6月7日、松之山温泉組合主催にて
普通救命講習が行われました。

IMGP3146.jpg


救命は時間との勝負。
お客様により近い旅館のスタッフが、
応急処置の知識を持つことは、
お客様の安心感につながります。

3時間という長い講習ですが、
参加者は終始真剣に取り組んでいました。

IMGP3140.jpg


第85回全旅連全国大会「人にやさしい地域の宿づくり賞」優秀賞受賞!
2007年 06月 07日 (木) 23:15 | 編集
20070607221955.jpg

松之山から松山へ行ってきました。(松山空港着陸直前の瀬戸内海です)
全国旅館組合全国大会参加のためです。
タイトルの通り「人にやさしい地域の宿づくり賞」の優秀賞を受賞しました。
これは棚田の保全と棚田の米作りの取り組みが受賞理由です。
表彰状と金一封!を頂戴いたしました。内容はあとで・・
20070607222038.jpg

日本最古の湯「道後温泉」に宿泊してきました。
写真はあの有名な坊ちゃんの湯「道後温泉本館」です。
素晴らしく風格の漂う建物です。ちなみに入湯料は400円石鹸もシャンプーも無しです。地元の人も一律400円だそうです。(70歳以上の方は優遇制度あり)

20070607222021.jpg

小さな竹篭が各宿に用意されていて、下駄履きで外湯に向かいます。

20070607222007.jpg

大きな温泉地、大きな旅館がほとんどですが、館内にお客様を囲い込むような旅館がないのが凄かったです。温泉街に活気がありました。人も沢山いました。当然お土産屋さんも飲食店も元気な街でした。
規模も環境もぜんぜん違いますが、沢山勉強になるところがありました。
温泉組合長@鄙の宿でした。
蛍が生息できる川の条件
2007年 06月 07日 (木) 22:19 | 編集
20070607215301.jpg

6月4日松之山温泉の里山を守る計画第1弾、松里小学校5・6年生による湯本川の水質調査が行われました。場所は不動滝上部の「墨塗り広場」脇の水音の森公園付近です。
「森の学校キョロロ」永野研究員の指導の下これから数回にわたって調査されますが、その第1回目のこの日は水温や、透明度、そして水の生き物調査をが行われました。
カゲロウの幼虫やヒルなど沢山の生き物がいたようですが、最終目的は蛍が住める川の条件調べです。
地域の子供たちが地域の環境や自然について考える事は素晴らしい事です。われわれ温泉街の住民としてもうれしい限りです。
この続きも「まつログ」で随時紹介したいと考えております。
昔は温泉街の中でも蛍が飛んでいましたよね。
浴衣に下駄履きで散歩がてらの夕涼みと蛍鑑賞なんていいですね。
そんな温泉街を夢見て・・・松里小学校5・6年生に感謝・感謝
20070607215301.jpg

温泉組合長@鄙の宿
松之山探鳥会のお知らせ
2007年 06月 02日 (土) 07:51 | 編集
ooruri-50.jpg


松之山探鳥会開催のお知らせ

本日
6月2日は夜7時から野鳥集会
場所は温泉センター2階
内容はブッポウソウについて

明日
6月3日は探鳥会
集合場所はキョロロ駐車場
時間は朝
4時15分集合
7時解散
参加者予定 80名
参加費無料(軽食つき)

主催 松之山野鳥愛護会(http://www.matsunoyama.com/bird/)
後援 松之山温泉組合 十日町地域振興局

copyright (C) +++ まつろぐ +++ 松之山温泉BLOG all rights reserved.
designed by polepole...